大野屋ラーメンがカパフル通りに移転オープン

大野屋ラーメン レストラン
大野屋ラーメン

カパフル通りに移転オープン

アラモアナセンターの『シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク』とワイキキショッピングプラザの『ワイキキ横丁』に出店していた大野屋ラーメン(Onoya Ramen)が、カパフル通りに移転したということで早速ランチに行ってきました。

場所はカパフル・アベニューとホオルル・ストリートの交差点近くにあります。ジッピーズの向かい、ピザのチェーン店パパ・ジョンズの隣です。以前は和食レストランの『ワイオリ・グリル・アンド・カフェ』があった場所ですね。2016年ごろには『Wada』という和食レストランがありました。私にとっては居酒屋『とっくり亭』が長らくあったことで思い出深い場所です。現在の『とっくり亭』はカパフル通りを500メートルほどワイキキ側に行ったところにあります。

モダンな内装

店内の様子
店内の様子

店内は黒い壁が印象的なシックでクールなイメージです。ラーメン屋さんっぽくはないけど、メニューには一品料理や日本酒もあるので、夜はモダンな居酒屋ダイニングみたいなスタイルでやっているのかもしれませんね。夜にも来てみたいです。

奥の部屋
奥の部屋
横長の窓
ダイヤモンドヘッドが綺麗に見えるように設計されている横長の窓

豚骨坦々麺

豚骨坦々麺
Tonkotsu Tan Tan Men(15ドル)

お店のシグネチャーメニューのひとつです。豚骨スープの坦々麺。辛さレベルが5段階あり選択可能。レベル1は辛さ0なので、私はレベル2(0.5)にしました。一口目は辛いかな? と思いましたが、食べていると慣れてくる辛さです。スープはごまの香りがとても良く、クリーミー。具材は味玉半分、ネギ、パクチョイ、炙りチャーシュー3枚、ひき肉入り。このチャーシューが美味しかったです!薄すぎず厚すぎず、程よい厚みで柔らかく、スープとのバランスがとれた味付けも私好み。

豚骨クラシック

豚骨クラシック
Tonkotsu Classic(15ドル)

夫が注文したのを味見させてもらいました。クリームのように白濁したスープはコクがあってとてもまろやかな印象でした。トッピングはチャーシュー3枚、味玉半個、キクラゲ、もやし、ネギ、揚げニンニク、焼き海苔。

5種類のヴィーガンラーメン

動物系の食材を一切使わないヴィーガンのラーメンメニューが5種類もありました。私は試していないので味はわかりませんが、野菜出汁のラーメンから坦々麺、スパイシーラーメン、豆乳を使った豚骨風ラーメンなど、こだわりを感じるラインナップでした。チャーシューの代わりに厚揚げが3枚入っているようです。

お店情報&地図

大野屋ラーメン
大野屋ラーメン

大野屋ラーメン
Onoya Ramen

住所611 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815
電話(808) 425-4415
駐車場無料
予約
日本語メニューあり
キッズメニューあり
ベジタリアンメニューあり
ヴィーガンメニューあり
グルテンフリーメニュー明記なし
アルコール類あり
日本酒銘柄久保田、男山、八海山、菊水
焼酎銘柄いいちこ、黒霧島
ウェブサイトonoyaramen.com/(英語のみ)
フェイスブック@OnoyaRamenHawaii
インスタグラム@onoyaramen

※値段やその他の情報は主に2021年9月時点のものです。

タイトルとURLをコピーしました